レーザー脱毛は、体毛にレーザーが吸収されるときに発生する熱で毛根にダメージを与えることで、脱毛の効果が出ます。

レーザーの照射出力を低くすれば、火傷はほぼ起こらないといえるかもしれませんが、脱毛の効果としては不十分な結果となってしまいます。

レーザーは黒いものに吸収されると熱を持ちます。

レーザー脱毛で火傷してしまうケース

日焼け後など多少の原因でも毛根が熱を持ちすぎて火傷になったりします。

また、色素沈着がある部位やほくろなど、メラニンがおおく存在している部位にレーザーが反応してしまい、火傷がおこる可能性があります。

通常であれば、それほど強い照射出力は考えられないのですが、個人により体毛の太さや濃さが違うため強い照射を行うこともあるようです。

そして、肌の状態が良くないときにも火傷がおこるリスクは高くなります。

皮膚に含まれる水分量が低下(乾燥)した状態のまま施術するとレーザーを照射した際、熱が伝わりやすくなり赤みや腫れが出てきます。

万が一火傷してしまったら

「火傷した」と思ったときは、施術後すぐに担当者に伝えるべきです。

冷たいタオルで冷やす時間を長くしてもらうなど、医者や看護師の判断を仰ぐべきです。

少しヒリヒリするくらいだから大丈夫だろうと自分で判断しないようにしてください。

火傷がひどい場合には、炎症止めの軟膏を頂けるので、塗っていればましになってくると思います。