ヒゲ脱毛の痛みについて

照射範囲が広いフラッシュ脱毛ならば痛みを殆ど感じませんが、威力が強くて照射か所が狭いレーザー脱毛は輪ゴムで弾かれたような痛さを伴います。

また毛の密度が濃い鼻下に関してはそれ以上の痛みを感じてしまうので、目から涙が出てきてしまいます。

これはレーザー脱毛の黒いものに反応するというメカニズムで生じてくるもので、より密集した場所で照射をすればそれだけ痛みの強さが増すのです。

しかし何度か脱毛をしていけば、ヒゲが段々と無くなり反応する箇所も少なくなっていくので、痛みは最初の頃より感じなくなるでしょう。

「レーザー脱毛の威力の影響」、「メラニンの黒い色素に反応する」、「最初は輪ゴムで弾かれる以上の痛さ」というものを頭に入れておくと良いでしょう。

痛みがにが苦手な人はメディオスターを

日本人の肌と一番相性が良いアレキサンドライトレーザー、日焼け肌にも対応するダイオードレーザー、黒い肌でも施術出来るYAGレーザーといった機器は全て一定の痛さを生じます。

そのため我慢ができない人にはメディオスターNeXTを利用したクリニックでの施術がお勧めです。

同じレーザー脱毛ではありますが、発毛に関わる細胞を破壊する新しいスタイルを確立しており、近年導入されている新しい機器です。

レーザー脱毛の中でも威力は落ちてしまいますが、痛みを感じないので、脱毛に迷っている人にはお勧め出来るでしょう。